車の維持費を考えたうえでの、新車の検討

私は父から譲り受けた車に乗っています。それが今年で15年目。
乗っていた車を父が手放すと言ったので、あわてて免許をとりにいき、これから維持費を払うことを条件に車を譲り受けました。
その時は特にちゃんと考えていなかったのが維持費のこと。思ったよりもお金がかかることを知りませんでした。
まずは車検代。2年に1度でいいと言えど、毎回直す箇所があり10万はかかってしまいます。
そして毎年の自動車税。これも知らなかったのですが13年目で一度高くなり、15年目でさらに値上げするそうです。
あと毎月の保険料。
考えるのは、新車への乗り換えるタイミングです。今、大してよくない燃費の車に乗り続けて、15年目でさらに高くなった自動車税を払うのか、
それなら早く乗り換えて燃費もよくて、エコカー減税の対象車を選んだりした方がいいのか、でも決してわたしの車は壊れていないということ。
これがまた悩める要素にもなっています。
いくら毎年、毎月の支払いが減るといっても何百万の買い物は勇気がいるものです。
そこで私が気になっているのがリースです。毎月の支払いで車に乗り続けることができて、車検もしてもらえる。
自分のものになった!という感覚は決して得られないシステムだと思いますが、飽きたらすぐに変えられる。
これはまさに自分に合ったシステムではないのかなと思いました。
リースをするときに車種もたくさん選べられるので、いろんな車種を乗ることによって車の知識も増える気がします。
そしていつかマイカーが欲しくなったときにその知識が役に立つはずです。
自分に合った方法をきちんと見極めて新車の検討をしていきたいと思いました。