最新軽自動車のクオリティの高さについて

本年6月に妻の乗っている車(トヨタ シエンタ)の車検の為、自宅近くのダイハツディーラーにお願いしました。知り合いの紹介で、安価でしっかりとやってもらえるという事と何よりの自宅から近いという理由でお願いしました。その車検の際に代車で借りたのが、最新型のタントでした。我が家は娘2人の4人家族なのですが、このタントのクオリティの高さには家族全員が驚きました。まずは、軽自動車なのに、その後部座席の広さにはびっくりしました。後部座席を最も後ろの状態にすれば、大人がラクラクと座ることができ、身長170cmの私でも前席と私の膝の間にはかなりの余裕があり、脚を組むことも問題ありません。そして、スライドドアを開けた状態から後部座席に着座するまでにセンターピラーがないので楽に座る事ができます。DAIGOさんが出演されているCMを何度か見たことはありますが、体験してみてその便利さが良く分かりました。
走りについても、上質なものでした。トールワゴンで、幅の狭い軽自動車なのでフラフラするのかなと思ったのですが、そんな事はなく、足回りのセッティングが良いのか、道路の凹凸を不快に伝える事がなく、しっかりとした印象です。ターボ車という事があってか、坂道の加速に対しても大きな不満はありませんでした。
燃費についても、3日間で約300Km走行しましたが、リッターあたり19Kmで、坂道を走った割に良い燃費だなという印象でした。内外装ともに上質で、走りも軽自動車とは思えないものでした。後にダイハツの営業の方とも話をしたのですが、やはりダイハツでも最も売れ筋で、自動車税も安いので、我が家も次の車として購入を検討中です。